あなたの成功力をサポートします!!
~おすすめのビジネス本・自己啓発本、セミナー・ビデオ・DVD等を紹介します~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
:お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」 ジョー ヴィターレ (著)
豊かさは、与えたものに比例する お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」 ジョー ヴィターレ (著)

 「意識の力(スピリチュアリティ)」と「成功のマーケティング理論」を融合させて生み出したユニークな成功哲学が話題となったベストセラー「スピリチュアル・マーケティング」の著者ジョー ヴィターレの第2弾!!

 お金持ちになるには「何の見返りも期待せず、寛大に、つねに喜びにあふれて、無心の心で」与えることが大切だとこの本には書かれています。けれどこれがなかなか難しい・・。

 僕に限らず多くの方がそうかもしれませんが、子供の時から「褒美=与える/与えられる」という条件付けされて育てられたこともあって、人に何か与えようとするとき、なかなか無心の心で与えるということができず、無意識的に「与える」ための理由を探してしまいます。

 そのため、正直、僕なんかは「ただ無心の心で与えればいい」といわれても「ただ与えること」に慣れてないのですごく戸惑ってしまいます。

 なので、ついつい、この本のなかに「与える」ための理由を探してしまうのですが、残念なことに本書には、与えることの大切さを伝える、様々な人のエピソードは紹介されていますが「こうしなさい」という具体的な方法は書かれていません。

 しかしよく考えてみるとそれもそのはずです。仮に「こうしなさい」という具体的な方法があってその通りに実践しても、それは「褒美=与える/与えられる」という条件付けのなかでの「与える」になってしまって、「ただ無心の心で与える」ことにはならなくなってしまいます。大切なのは「ただ無心の心で与える」ことなのです。

 こうして考えてみると、改めて「与える」ことの難しさを感じます。子供のときから「褒美=与える/与えられる」という条件付けされてきた私たちが「与える=豊かになる」という公式を完成させるためには、多くの時間が必要なのかもしれません。

→ アマゾンで お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」ジョー ヴィターレ (著)のレビューを見る
いつも読んでくださってありがとうございます。
あなたの成功力がアップすることを、これからも祈っています。

あなたの成功力をサポートします!! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト
:お金持ちになる科学 ウォレス D.ワトルズ (著)
お金持ちになる科学 ウォレス D.ワトルズ (著), お金持ちになる科学 ウォレス D.ワトルズ (著), 松永 英明 (翻訳)

 本書の原著「The Science of Getting Rich」は、約1世紀前にアメリカで出版されたもので、訳書は本書と 富を手にする「ただひとつ」の法則 ウォレス・D・ワトルズ (著), 宇治田 郁江 (翻訳) の2冊があります。

 2つの訳書を比べると、どちらかというと、アマゾンのレビューにも書かれているように「お金持ちになる科学」の方がわかりやすく書かれています。なのでこっちを買ってみました。

 著者のワトルズはお金持ちになる科学は「精密科学」であるといいます。それは数学の公式のように厳密で単純明快なもので、本書のなかで明らかにされている財産を手に入れるための条件のすべてを満たせば、必然的に財産を得ることができるとしています。

 しかしそうはいうものの、本書に書かれている内容は、けっこう奥深いです。私たち日本人にとってはあまり馴染みがない「一元論」や「本質的存在」など、独特の宇宙観と理論が根底にあるので、それらを把握したうえで読まないと、なかなか理解できるものではないと思います。

 そういう意味合いでいえば、哲学書に近いものを感じます。ワトルズ自身もこれらの宇宙観や理論を読み解くためにはヘーゲルやエマーソン・デカルト・ヘーゲルらの思想が役立つと言っていることをみても、そのことを強く感じます。

 本書は、決してメジャーではありませんが、確実に多くの成功本や自己啓発書に影響を与えていることは、他の成功者の著書などから伺い知れます。どうやら成功哲学の源流になっている一冊であることは間違いないようです。

→アマゾンで『富を手にする「ただひとつ」の法則』 ウォレス・D・ワトルズ (著), 宇治田 郁江 (翻訳) のレビューを見る


いつも読んでくださってありがとうございます。
あなたの成功力がアップすることを、これからも祈っています。

あなたの成功力をサポートします!! 人気blogランキングへ
:アイデアのヒント ジャック フォスター (著)
新装版 アイデアのヒント ジャック フォスター (著)アイデアのヒント  ジャック フォスター (著)

 アイデアを思いつかなければならない時の、シンプルで簡単な発想のヒントが満載の一冊。99年刊の新装版。

 この本は、広告業界で働く人はもちろんのこと、それ以外の業種で働く人にもぜひ読んでもらいたいです。読むと自分の考え方が、いかに常識という”型” にしばられたものであるかが理解できます。

 著者は、私たちの考え方が”型”にしばられてしまうのは、学校教育にも問題があると指摘しています。以下は本文からの引用です。

[:アイデアのヒント ジャック フォスター (著)]の続きを読む
:雨の降る日曜は幸福について考えよう 橘 玲 (著)
雨の降る日曜は幸福について考えよう 橘 玲 (著) 雨の降る日曜は幸福について考えよう ~Think Happy Thoughts on Rainy Sundays~ 橘 玲 (著)

 『マネーロンダリング』 や『 世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』などの著者で知られている橘 玲さんの資産運用に関するエッセイで、日経新聞で連載されていたものをまとめた一冊です。

 資産運用のノウハウ本は山のようにありますが、このようなエッセイ本はめずらしいのでまた違った感じで読むことができます。

 特に各章ごとにある何気ない日常の風景を写した写真が、いい感じで文章とひとつになってグッと心に響いてきます。そしてなによりも、この本は人生設計や老後のことをリアルに考えさせてくれます。

『好むと好まざるとにかかわらず私たちはいずれは現役を引退し、第二の人生を歩むことになる。老後とは生活の糧を労働から得るのではなく、年金と資産運用のみに依存することだ。』~本文より~

 若いうちは老後のことなんて考える機会などほとんどなく、どちらかというと、老後より今をどうやって楽しむかのほうに重点が置かれているような気がします。

 株式投資などをする動機なども、おそらく年齢によってずいぶん違っていると思います。20代30代ぐらいは投資を、お金持ちになりたいなど夢をかなえる手段として捉え、40代50代と年を重ねるにつれ、それがだんだんと老後の不安を取り除くための手段として捉えられているのではないでしょうか?( もちろんすべての人がそうであるとはいいません)

 数年前からの株や不動産等への投資ブームは、こうした若者の金持ちになれるという期待感とリタイアを迎える人たちの老後の不安感という、正反対の2つの要因から生じているのではないでしょうか?

 しかしブームになるならないどちらにしても、投資や資産運用などに必要となってくるファイナンシャルリテラシーは、これからの時代、必須の能力になることは間違いないような気がします。更にいえば、この能力があるかないかは、生死をわけるほど重要なものといっても過言ではないと思います。

→ アマゾンで 雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays 橘 玲 (著) のレビューを見る
いつも読んでくださってありがとうございます。
あなたの成功力がアップすることを、これからも祈っています。

あなたの成功力をサポートします!! 人気blogランキングへ
: 生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資「FX」山根 亜希子 (著)
生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資「FX」:山根 亜希子 (著) 生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資「FX」 山根 亜希子 (著)

 "外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法" に続く第2弾!!今回は入門書というよりは、エッセイといった感じになっていて、気軽に楽しくFXの基本を学べるような内容になっています。

 「レバレッジってどうやって設定するの?」とか「維持証拠金率ってなに?」など、FXの入門書などでは、さらっと一行ぐらいの説明で終わってしまうようなことを、わかりやすく丁寧に説明しているので、まったくのFX素人にとってはうれしい一冊だと思います。

 また「なるほどね~」って思わせることが書いてあったりもします。たとえば・・

[: 生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資「FX」山根 亜希子 (著)]の続きを読む
copyright © 2005 あなたの成功力をサポートします!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。