あなたの成功力をサポートします!!
~おすすめのビジネス本・自己啓発本、セミナー・ビデオ・DVD等を紹介します~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
:アイデアのヒント ジャック フォスター (著)
新装版 アイデアのヒント ジャック フォスター (著)アイデアのヒント  ジャック フォスター (著)

 アイデアを思いつかなければならない時の、シンプルで簡単な発想のヒントが満載の一冊。99年刊の新装版。

 この本は、広告業界で働く人はもちろんのこと、それ以外の業種で働く人にもぜひ読んでもらいたいです。読むと自分の考え方が、いかに常識という”型” にしばられたものであるかが理解できます。

 著者は、私たちの考え方が”型”にしばられてしまうのは、学校教育にも問題があると指摘しています。以下は本文からの引用です。

『 問題を与えられたとき、ほとんどの人は唯一の正解を探そうとするということに僕は気づいた。なぜならそういうふうに教育されてきたからだ。学校教育を通じて、僕たちは複数のなかから正解を選んだり、○×をつけたりと、正解が一つしかない問題に答え続けてきた。だから質問や問題はすべてそんなものだと考えてしまう。そして完璧に思える。「正解」が見つけられないと、降参してしまう。』~本文より~

 考えてみると確かに、答えが複数あると不安になり一つしかないほうが安心します。日常のなかではむしろ答えが一つしかないほうが稀で、複数あるのが普通なんですが・・。学校教育って大事ですね。

 『あなたが思い切ってアイデアを提案できない理由の一つは、自分の評判、ひいては自分の将来までもが、今から言おうとしているアイデアにかかっている気がしてこわいからだろう。(略) ならば、一つのアイデアに人生を賭けるようなことをしなければいい。アイデアをたくさん考えよう。そうしたらあなたは「あのくだらないアイデアを提案したろくでなし」ではなく、「アイデアをあふれるほどもっている天才」ということになる。』~本文より~

 これも凄く納得させられました。そういえばそうなんですよね。必ずしもアイデアを一つに絞る必要なんてないのに、無意識に絞ろうとしている自分がいるんですよね。やっぱり不安になってるからでしょうか?

 またこういうのもあります。
『すべての問題の答えは、前もって存在している。わたしたちに求められているのは、正しい問いを投げかけて、その答えを明らかにすることだ』~本文より~

 うなずけます。会話してても、相手の言葉のなかに答えを見つけることより、自分が話している言葉のなかに答えを見つけることのほうが以外と多かったりします。

 以上は僕が読んでいい文章だなと感じたものです。もちろんこの他にも沢山すばらしい言葉はありますので、一度ぜひ手にとってみてください。本の帯にも書いていますが、どうやら「アイデアをひらめくにはコツがある」ようです。本書はそのガイドブックです。

→ アマゾンで アイデアのヒント ジャック フォスター (著) を見る


いつも読んでくださってありがとうございます。
あなたの成功力がアップすることを、これからも祈っています。

あなたの成功力をサポートします!! 人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 あなたの成功力をサポートします!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。